甲冑
Menu
INFORMATION
営業内容・販売品目
甲冑の基礎知識
各部分名称
用語集
コラム
お問い合わせ
リンク
counter
RapidSSL

甲冑の変遷

■兜の時代変遷

1.上古の冑 2.中世の兜 3.近世の兜
衝角付冑
眉庇付冑
蒙古形眉庇付冑
綿襖冑
衝角の縮小
星兜
筋兜
帽子兜
当世兜

3.近世の兜

(1)当世兜(とうせいかぶと)

当世兜とは当世具足に付く簡易型の兜と、これらを土台にして作られた変わり形兜を呼びます。

1)当世兜の流行

兜の量産を目的にトッパイ形兜(写真5)・頭形兜(写真6)・桃形兜(写真7)等と呼ばれる簡易型の当世兜が流行します。

トッパイ形兜 頭形兜 桃形兜
トッパイ形兜(写真5) 頭形兜(写真6) 桃形兜(写真7)

2)変わり兜(かわりかぶと)

安土桃山期を迎えて朝鮮出兵頃になると、主に簡易型の兜を土台にして和紙や革を張り懸けて、誇張した造形(鯰尾・烏帽子・唐人笠・頭巾など)を作り上げた変わり兜がみられるようになります。

3)立物の大型化

兜に掲げる立物は前立のみに止まらず脇立(わきたて)・頭立(ずだて)・後立(うしろだて)が見られ、一層の大型化(水牛・天衝・日輪・半月など)が認められるようになりました。

4)一枚吹返(いちまいふきかえし)

当世兜のシコロはほとんどが板物で作られ、一枚吹返にすることで足掻きを大きくしています。その形状によって最上ジコロ・当世ジコロ・日根野ジコロと呼ばれるものが大半を占めるようになりました。2003/12/03更新

a.最上ジコロ(もがみじころ)

室町末期に最上地方で発生したといわれ、裾板が水平で畦目と一段の菱縫がある直線的に開いたシコロ。代表的遺物として大分県柞原八幡宮蔵(重文)「金白檀塗浅葱糸威腹巻」に付く兜のシコロがあります。2003/12/03更新

b.当世ジコロ(とうせいじころ)

板物で裾縁が水平に作られたシコロ。代表的遺物として宮城県仙台市博物館蔵(重文)「紺糸威五枚(仙台)胴具足」に付く兜のシコロがあります。2003/12/03更新

c.日根野ジコロ(ひねのじころ)

日根野備中守弘就が奨励したといわれ、肩の線に沿って大きく繰り上がったシコロ。代表的遺物として静岡県久能山東照宮蔵(重文)「金溜塗黒糸威二枚胴具足」の兜のシコロがあります。2003/12/03更新

(2)飾兜(かざりかぶと)

江戸幕府下での泰平にあって、武家の退廃に伴い兜は実用から離れていきました。虚飾に走った兜が多く作られ、これらは俗に飾兜と呼ばれています。

1)復古調の兜

江戸中期以降に起こった復古思想を反映して、富裕な大名が挙って中世の兜の復元製作を試みました。これらはときを追うごとに精巧なものとなり、合わせて古武具を研究するための書物も多く出版されるようになりました。

2)幕末の兜

幕末の動乱を迎え、兜の修理・改造が盛んに行なわれるようになりました。同時に多くの兜が短い期間で作られました。これらは俗に幕末の兜と呼ばれ、粗悪品が多く作られました。

(3)兜の終焉

戊辰戦争以後の欧米の影響により火器・重火器は急速に進歩しました。西南戦争以降には兜は戦場から姿を消しました。近代軍隊の編制と共に兜の長い歴史に終焉のときを迎えたのです。

COPYRIGHT ©2000-2008 KATCHU /ICHIRO MIURA/ ALL RIGHTS RESERVED.
Since March 28, 2000
Last modified: 2007-01-02
戻る