甲冑
Menu
INFORMATION
営業内容・販売品目
甲冑の基礎知識
各部分名称
用語集
コラム
お問い合わせ
リンク
counter
RapidSSL

甲冑の基礎知識

■兜の基礎知識

1.
 はち
2.シコロ・吹返
 しころ・ふきかえし
3.畳兜
 たたみかぶと
4.立物
 たてもの
5.付物
 つけもの

4.立物(たてもの)

(1)鍬形(くわがた)

兜の正面を飾る一双の角状の立物を鍬形と呼びます。その原形は古代の鍬にあるといわれています。各時代によって鉄鍬形・長鍬形・大鍬形・尾長大鍬形・木葉鍬形・三鍬形と呼ばれるものが流行しています。2003/12/14更新

1)鉄鍬形(てつくわがた)

雲龍文や獅噛文の象嵌を施し、鍬形台と一体に作られた鉄製の鍬形を鉄鍬形と呼びます。鍬形に大きな権威を持たせた平安・鎌倉期に用いられました。代表的遺物として長野県清水寺蔵(重文)「雲龍文象嵌鉄鍬形」があります。2003/12/14更新

2)長鍬形(ながくわがた)

細長い鍬形を長鍬形と呼びます。鎌倉後期に流行し、これ以降は鍬形と鍬形台が分かれるようになりました。代表的遺物として奈良県春日大社蔵(国宝)「紅糸威梅金物大鎧」の兜の鍬形があります。2003/12/14更新

3)大鍬形(おおくわがた)

幅の広い鍬形を大鍬形と呼びます。南北朝期に流行し、笠ジコロとの調和から生じたといわれています。代表的遺物として青森県櫛引八幡宮蔵(国宝)「赤糸威菊金物大鎧」の兜の鍬形があります。2003/12/14更新

4)尾長大鍬形(おながおおくわがた)

八双の先端を外側に細く長く延ばした大鍬形を尾長大鍬形と呼びます。南北朝期の祭礼に用いられたといわれています。代表的遺物として群馬県貫前神社、高知県幡八幡宮の蔵品があります。2003/12/14更新

5)木葉鍬形(このはくわがた)

全体を木葉に似せて作られた鍬形を木葉鍬形と呼びます。室町後期に一部で用いられました。代表的遺物として島根県佐太神社蔵(重文)「色々威腹巻」の兜の鍬形があります。2003/12/14更新

6)三鍬形(みつくわがた)

中央に剣を立て、左右の鍬形とあわせて三鍬形と呼びます。室町期に流行し、当初は祓立に剣を立てました。後に祓立が仏具の三鈷のかたちへと変化します。代表的遺物として鹿児島県鹿児島神宮蔵(重文)「色々威胴丸」の兜の鍬形があります。2003/12/14更新

(2)鍬形台(くわがただい)

鍬形を支える土台となる金物を鍬形台と呼びます。ふつう鍍金・鍍銀が施されています。無地のものもありますが、多くは各種図案の象嵌・彫金が施されています。2003/12/14更新

(3)当世兜の立物

安土桃山期以降の兜には多種多彩且つ大小様々な立物が用いられています。これらは掲げる場所によって前立(まえたて)・脇立(わきたて)・頭立(ずだて)・後立(うしろだて)と呼ばれています。徳川家康の大水牛(愛知県徳川美術館蔵)・伊達政宗の大半月(宮城県仙台市博物館蔵)・上杉景勝の大日輪(山形県上杉神社蔵)はその代表的遺物です。これらは所用者の宗教・哲学・思想を反映したものといわれています。

COPYRIGHT ©2000-2008 KATCHU /ICHIRO MIURA/ ALL RIGHTS RESERVED.
Since March 28, 2000
Last modified: 2007-01-02
戻る