甲冑
Menu
INFORMATION
営業内容・販売品目
甲冑の基礎知識
各部分名称
用語集
コラム
お問い合わせ
リンク
counter
RapidSSL

甲冑の基礎知識

■兜の基礎知識

1.
 はち
2.シコロ・吹返
 しころ・ふきかえし
3.畳兜
 たたみかぶと
4.立物
 たてもの
5.付物
 つけもの

2.シコロ・吹返(しころ・ふきかえし)

鉢の腰巻から垂れ下がり、後頭部から首廻りにかけてを保護する部分をシコロと呼びます。シコロの左右両端を正面に向けて折り返した部分を吹返と呼びます。基本的に吹返は装飾と保護の目的から韋で包まれ、多くは装飾金物として据文が打たれています。また同様の目的から中世末以降には漆で塗って仕上げるようになりました。2003/12/03更新

(1)シコロ札(しころざね)

シコロに用いる小札をシコロ札と呼びます。他の部分に用いる小札より丈が短く(6cm×4cmから4cm×2cm程度)、やや裾を広く作られたものもあります(甲冑の基礎知識の「小札」を参照)。2003/12/03更新

(2)革所(かわどころ)

皮革を用いて作られた部分を革所と呼びます。その加工方法によって皮、革、韋と書きますが、いずれも「かわ」と読みます。兜では吹返や眉庇を包む革として用いられています(甲冑の基礎知識の「革所」を参照)。2003/12/03更新

(3)威毛(おどしげ)

威(おどし)は「緒通し」から生じた語といわれています。威し立てた緒の並ぶ様子が、鳥の羽毛に似ているところから「威毛」とも呼ばれています。兜ではシコロと吹返の裏側にみられます(甲冑の基礎知識の「威毛」を参照)。

(4)シコロの形状と種類

シコロは形状によって杉形ジコロ・笠ジコロ・最上ジコロ・当世ジコロ・日根野ジコロと呼ばれるものに大きく分けられます。

1)杉形ジコロ(すぎなりじころ)

中世初頭にみられる直線的に開いた大型のシコロ。その形状は弓矢による攻撃に対応して視野の確保と防御を考慮したものと考えられています。代表的遺物として広島県厳島神社蔵(国宝)「紺糸威大鎧」の兜のシコロがあります。2003/12/03更新

2)笠ジコロ(かさじころ)

南北朝期以降にみられる笠状に大きく開いたシコロロ。討物への対応から腕の運動を考慮したものと考えられています。代表的遺物として青森県櫛引八幡宮蔵(国宝)「白糸妻取大鎧」の兜のシコロがあります。2003/12/03更新

3)最上ジコロ(もがみじころ)

中世末にみられ、板物で直線的に開き、裾板を一文字にしたシコロ。小型で肩まで下がり、一枚吹返にすることで足掻きを大きくし、腕の運動をし易く考慮しています。代表的遺物として大分県柞原八幡宮蔵(重文)「金白檀塗浅葱糸威腹巻」の兜のシコロがあります。2003/12/03更新

4)当世ジコロ(とうせいじころ)

近世にみられ、板物・当世小札でやや丸みをもたせて開き、裾板を一文字にしたシコロ。小型で肩まで下がり、一枚吹返にすることで足掻きを大きくし、腕の運動をし易く考慮しています。代表的遺物として東京都永青文庫蔵「黒糸威二枚胴具足」の兜のシコロがあります。2003/12/03更新

5)日根野ジコロ(ひねのじころ)

近世にみられ、板物・当世小札で反をもたせて開き、裾板が肩の線に沿って繰り上ったシコロ。小型で肩まで下がり、一枚吹返にすることで足掻きを大きくし、腕の運動をし易く考慮しています。代表的遺物として静岡県久能山東照宮(重文)「金溜塗黒糸威二枚胴具足」の兜のシコロがあります。2003/12/03更新

COPYRIGHT ©2000-2008 KATCHU /ICHIRO MIURA/ ALL RIGHTS RESERVED.
Since March 28, 2000
Last modified: 2007-01-02
戻る