甲冑
Menu
INFORMATION
営業内容・販売品目
甲冑の基礎知識
各部分名称
用語集
コラム
お問い合わせ
リンク
counter
RapidSSL

甲冑の基礎知識

■甲冑の形式と構造

上古(甲冑) 中世(甲冑) 近世(甲冑)
1.古代〜飛鳥時代
2.奈良時代〜 平安時代前期
3.平安時代中期〜鎌倉時代
4.南北朝時代〜室町時代
5.中世の袖と小具足
6.安土桃山時代〜江戸前期
7.江戸中期〜幕末
短甲・挂甲・綿甲冑 大鎧・胴丸・胴丸鎧
腹当・腹巻
当世具足

●近世(甲冑)

6.安土桃山時代〜江戸前期

室町幕府が滅び、天下統一への兆がみられるようになると、一層規模の大きな戦闘が行なわれるようになります。この時代の戦闘は鉄砲隊・槍隊といった組織力を重視する団体戦の様相をみせるようになりました。

(1)腹巻の減少

個々の戦闘も激しさを増し、甲冑は透間をなくすため様々な考慮がなされます。これにより背や胸に透間ができる腹巻の生産が減少します。

(2)当世具足(とうせいぐそく)

中世末に胴丸の胴・草摺の段数の加増がはじまります。織田・豊臣政権下で用いられた胴丸には金具廻りの形状にも変化が起こります。胴丸が変化・発展を遂げた結果、当世具足と呼ばれる形式が生まれました。「現代の甲冑」という意味であり、胴(どう)・兜(かぶと)・袖(そで)の三者に面頬当(めんぽうあて)・籠手(こて)・佩楯(はいだて)・臑当(すねあて)などの小具足とこれらを納める具足櫃で一具にしたものです。軽量で動き易く最も徒歩に適し、実用本意のものが多く見受けられます。代表的遺物として宮城県仙台市立博物館蔵(重文)「銀箔押白糸威丸胴具足」・広島県厳島神社蔵(重文)「紅糸威丸胴具足」があります。2003/12/14更新

3)当世具足の量産

当世具足は規格・形式を統一することにより、全国で量産が可能となりました。この量産された当世具足は、朝鮮出兵をはじめその後の歴史を動かす戦闘に大いに用いられることとなりました。

(3)当世具足の三者(みつもの)

1)胴(どう)
a.小札物(こざねもの)

基本的には本小札・伊予札を用いる小札物の胴は丸胴の形式です。着脱に際しては小札の足掻きによって胴を開閉させます。当世具足の胴の基本的な段数は前立挙三段・後立挙四段・長側五段です。

b.板物(いたもの)

板物の胴は着脱に際して蝶番で開閉させます。蝶番の数や場所によって二枚胴・三枚胴・四枚胴・五枚胴・六枚胴の形式に分けられ、加えて蝶番のない前胴のみで前掛胴(まえかけどう)と呼ばれる一枚胴の形式があります。

c.胴の形態

板物の胴の形態を示す語として綴胴(とじどう)・横矧胴(よこはぎどう)・縦矧胴(たてはぎどう)・仏胴(ほとけどう)があります。また西洋甲冑を転用した南蛮胴(なんばんどう)やその影響を受けた和製南蛮胴(わせいなんばんどう)・鳩胸胴(はとむねどう)があります。さらに肋骨・背骨・腹などを誇張して打ち出した胴を形姿によって肋骨胴(あばらどう)・仁王胴(におうどう)・布袋胴(ほていどう)・弥陀胴(みだどう)などと呼ばれています。

d.胴の分解

蝶番の心棒を抜くことで胴を分解することができます。これにより具足櫃への収納性を高めることになりました。

e.蝶番の小札物への移行

板物に用いた蝶番を小札物にも用いる傾向が高まります。このため小札物でも二枚胴の形式のものがみられるようになりました。

f.畳具足(たたみぐそく)

鎖(くさり)・骨牌金(かるとがね)・蝶番札(ちょうつがいざね)・鱗札(うろこざね)・馬甲札(ばこうざね)を家地に縫い付けて形成された胴を畳具足と呼びます。小さく折り畳めることから名付けられました。2003/12/14更新

g.草摺(くさずり)

草摺は七間の五段下がりが最も一般的ですが、当初は六間の四段下がりも多くありました。他にも多種多彩な形状・間数・段数のものがみられます。草摺の取り付け方は威付のものが最も一般的ですが、蝙蝠付・腰革付のものもあります。

2)兜(かぶと)
a.星兜・筋兜(ほしかぶと・すじかぶと)

当世具足に用いる兜は中世と同じく星兜・筋兜が主流です。明珍派・早乙女派・春田派・根尾派・馬面派などの甲冑師の精巧な作品を多く残しています。

b.当世兜(とうせいかぶと)

当世兜は頭形(ずなり)・桃形(ももなり)・トッパイ形(とっぱいなり)にみられる簡易型の兜を中心に、これらを土台に多種多彩な造形を形作る変わり兜と呼ばれるものがあります(兜の基礎知識の「近世の鉢」を参照)。

c.畳兜(たたみかぶと)

畳兜とは小さく折り畳むことができる兜のことで、多くは畳具足に付随しています。頭巾兜(ずきんかぶと)・提灯兜(ちょうちんかぶと)と呼ばれるものがあります(兜の基礎知識の「畳兜」を参照)。

d.シコロ

当世具足の兜には当世ジコロ・日根野ジコロと呼ばれる形式のシコロが多くみられます(兜の基礎知識「シコロの形状と種類」を参照)。

e.立物(たてもの)

中世は鍬形が立物の主流でしたが、当世具足の兜には多種多彩且つ大小様々な立物が用いられています(兜の基礎知識の「立物」を参照)。

f.付物(つけもの)

付物とは兜に付けられる立物以外のものを呼びます。兜蓑(かぶとみの)・腰蓑(こしみの)・上頭巾(うあずきん)と呼ばれるものがあります(兜の基礎知識の「付物」を参照)。

3)袖(そで)
a.当世袖(とうせいそで)

当世具足にも大袖・広袖・壷袖を付くことがありますが、ふつうは当世袖(置袖ともいう)と呼ばれる小型で腕に馴染むことを考慮して、やや湾曲した形状のものが用いられています。

b.当世袖の装着方

中世甲冑は袖からとる緒を綿噛の茱萸に結んで取り付けました。当世具足の袖の多くは綿噛の表もしくは裏からとる鞐に籠手と共に掛け留めます。

c.仕付袖(しつけそで)

仕付袖とは籠手と一体型に作られたものです。腕の運動に際して袖が跳ね上がることがないため、実用期には多く用いられました。

d.中袖・額袖(ちゅうそで・がくそで)

江戸中期以降になると装飾性を求めて様々な形状の袖がみられるようになります。古来の大袖に対してやや小型で湾曲した形状のものを中袖と呼び、一枚の鉄板に様々な図柄や模様を打ち出したものを額袖と呼びます。2003/12/14更新

(4)当世具足の小具足

1)面頬当(めんぽうあて)

面頬当は当世具足に用いる面具のことです。主に越中頬・燕頬・目の下頬・総面の四種に大きく分けられます。

a.越中頬(えっちゅうぼお)

越中頬は三斉流具足に多く用いられ、最も小型で顎の先端のみを覆うものです。俗に顎当(あごあて)とも呼ばれています。

b.燕頬(つばめぼお)

燕頬は越中頬よりやや大振りに作られ、顎から両頬にかけて覆うものです。燕の尾羽に似ているところから名付けられたといわれ、実用期の当世具足に最も多くみられるものです。

c.目の下頬(めのしたぼお)

目の下頬は中世末以降にみられ、文字通り目の下全体を覆うものです。当世具足に付くものの多くは装飾的に髭・歯・唇が付き、誇張した皺の打ち出しや切金細工を施したものもみられます。

d.総面(そうめん)

総面は中世末以降にみられ、顔の全体を覆うものです。江戸期のものの多くは実用を離れ虚飾に走って作られています。

e.須賀(すが)

面頬当にはふつう須賀と呼ばれる数段の垂(たれ)を威し下げます。江戸中期以降にみられる特に大きなものを大須賀(おおすが)と呼びます。2003/12/14更新

2)籠手(こて)

当世具足の籠手は筒籠手・篠籠手・瓢籠手・鎖籠手の四種に大きく分けられます。

a.筒籠手(つつごて)

筒籠手は中世にも多く用いられていたと考えられています。当世具足に付くものは上腕部に鎖の合間に小篠・筏を散らしたものが用いられています。

b.篠籠手(しのごて)

篠籠手は中世にも多く用いられていたと考えられています。当世具足に付随くものは上腕部に鎖の合間に小篠・筏を散らしたものが用いられています。

c.瓢籠手(ふくべごて)

瓢籠手は中世末以降にみられ、当世具足に付くものは下腕部・上腕部に瓢箪形の座盤を用いています。

d.鎖籠手(くさりごて)

鎖籠手は鎖の合間に小篠・筏を散らしたもので、三斉流具足に多くみられます。

e.手甲(てこう)

足軽籠手や一部のものを除いて籠手には手の甲を保護する手甲が付いています。親指を保護する大指(おおゆび)や他の指を保護する摘(つみ)と鎖で連動しています。

f.海鼠手甲(なまこてこう)

手甲にはふつう指の形の打ち出しがみられます。実用期の遺物にはこれらが一切ないものもあります。こうした手甲は先端が丸く海鼠に似ているので海鼠手甲と呼ばれています。

g.合綴(あいつづり)

籠手の家地に腕を刺し易くするために、内側で紐を掛け合い開き易くする手法を合綴と呼ばれています。これには千鳥掛(ちどりがけ)・諸カガり(もろかがり)と呼ばれるの二種の方法があります。

h.袋籠手(ふころごて)

実用期の遺物には合綴がなく、縫い合わせて袋状にしたものがあり、袋籠手と呼ばれています。2003/12/14更新

3)佩楯(はいだて)

当世具足の佩楯は伊予佩楯・板佩楯・鎖佩楯・威佩楯・宝幢佩楯の五種に大きく分けられます。

a.伊予佩楯(いよはいだて)

伊予佩楯は中世にも多く用いられました。安土桃山期以降のものは幅が狭く、装着方法も左右の大腿部に垂らすようになります。江戸中期以降になると再び幅の広いものが作られるようになります。2003/12/14更新

b.板佩楯(いたはいだて)

板佩楯は安土桃山期以降に最も流行したものです。大きな革の伊予札を革で綴じて漆で塗り固めて板状にしたもので、軽量で足さばきの便に優れています。

c.鎖佩楯(くさりはいだて)

鎖佩楯は中世末以降にみられ、鎖の合間に筏・小篠を散らしたものです。当世具足に付くものは鎖うを大腿部に定着させるために家地を後に延長し、綴付もしくは釦・鞐で懸け留める踏込式にしたものが多くみられます。

d.威佩楯(おどしはいだて)

威佩楯は中世末にも用いられたといわれます。当世具足に付くものは、大腿部にあたる部分に威し立てた本小札・板物・当世小札等で作られたものを用いています。2003/12/14更新

e.宝幢佩楯(ほうどうはいだて)

江戸期の宝幢佩楯は室町期に用いられた膝鎧と形状がかなり異なります。伊予佩楯の下に三分割もしくは四分割した本小札の板を威し下げたものです。大名物にみられますが、実用性は極めて乏しいと考えられます。

f.合綴縁(あいつづりべり)

佩楯の周縁の三方に廻らした厚手の縁を合綴縁と呼びます。主に韋や布帛が用いられていますが、稀に化粧縮緬や虎の毛皮を用いたものもあります。江戸中期以降に多くみられます。2003/12/14更新

4)臑当(すねあて)

当世具足に用いる臑当は筒臑当・篠臑当・鎖臑当の三種に大きく分けられます。

a.筒臑当(つつすねあて)

筒臑当は中世にも多く用いられました。鉄板や革板を筒状に作り、蝶番で開閉して家地と共に臑を包み込むように上下結式で装着します。2003/12/14更新

b.篠臑当(しのすねあて)

篠臑当は中世にも多く用いられました。数本の大篠を家地と共に臑に巻き付け、上下結式で装着します。手軽であることから安土桃山期以降には大いに用いられました。2003/12/14更新

c.鎖臑当(くさりすねあて)

鎖臑当は鎖の合間に小篠程度のものを散らしたものを家地と共に臑に巻き付け、上下結式で装着します。2003/12/14更新

d.越中臑当(えっちゅうすねあて)

安土桃山期以前の臑当には家地が付いていませんでした。これに習って越中具足(三斉流具足)には家地を付けない篠臑当が多く用いられています。こうした家地を付けない篠臑当を総称して越中臑当と呼びます。2003/12/14更新

e.当世具足の臑当の立挙

安土桃山期以降には立挙を臑当と別に作り、繰付(からくりづけ)・緘付(からみづけ)・威付(おどしつけ)と呼ばれる手法で取り付けられています。

f.中立挙(ちゅうたてあげ)

中世の大立挙に対して、やや小さいものを中立挙と呼びます。2003/12/14更新

g.亀甲立挙(きっこうたてあげ)

当世具足の臑当には亀甲金(六角形の小さな金具)を家地の中に埋め込んで作られた亀甲立挙が多くみられます。その形状によって山形・十王頭の三割と呼ばれる二種があります。

5)具足櫃(ぐそくびつ)

当世具足を収納するための箱を具足櫃と呼びます。その多くは桐で作られていますが、杉・桧・革等で作られたものもあります。これらは形式によって背負櫃・一荷櫃・具足唐櫃の三種に大きく分けられます。2003/12/14更新

a.背負櫃(せおいびつ)

背負櫃はランドセルのように背負って持ち運ぶものです。実用的であるため当初は最も多く用いられました。

b.一荷櫃(いっかびつ)

一荷櫃は二つで一組をなすものです。左右にある合当理状の金具を立てて天秤棒を差し込み、前後に担いで持ち運びます。大名行列の際は中間の役目であったといわれ、江戸期には最も多く用いられました。

c.具足唐櫃(ぐそくからひつ)

江戸後期になると復古調の影響から具足唐櫃と呼ばれるものも用いられるようになります。唐櫃とは四本・六本の脚がある箱のことで、もともとは甲冑に限らず書類や宝物を湿気から守るために用いられました。

(5)江戸時代の当世具足

当世具足にはこの他にも多種多彩な形式や付属物があります。ここに掲載したものはあくまでもごく一部に過ぎません。
江戸時代の泰平の世を通じて、甲冑が持つ本来の用途である防具としての機能性を無視し、虚飾に走った当世具足も数多く作られました。当世具足の残存数は、中世甲冑と比較にならない程の数であり、日本甲冑全体の99パーセント以上を占めるともいわれています。
とかく中世甲冑の研究が叫ばれますが、大多数を占める当世具足なくして日本甲冑を語ることはできないのです。

7. 江戸中期〜幕末

(1)飾甲冑(かざりかっちゅう)

江戸幕府下での泰平にあって、武家の退廃に伴い甲冑は実用から離れていきました。虚飾に走った甲冑が多く作られ、これらは俗に飾甲冑と呼ばれています。

1)復古調の甲冑

江戸中期以降に起こった復古思想を反映して、富裕な大名がこぞって中世甲冑の復元製作を試みました。これらはときを追うごとに精巧なものとなり、合わせて古武具を研究するための書物も多く出版されるようになりました。

2)幕末甲冑

幕末の動乱を迎え、甲冑の修理・改造が盛んに行なわれるようになりました。同時に多くの甲冑が短い期間で作られました。この甲冑は俗に幕末甲冑と呼ばれ、粗悪品が多く作られました。

(2)甲冑の終焉

戊辰戦争以後の欧米の影響により火器・重火器は急速に進歩しました。西南戦争以降には甲冑が戦場から姿を消しました。近代軍隊の編制と共に日本甲冑の長い歴史に終焉のときを迎えたのです。2003/12/14更新

COPYRIGHT ©2000-2008 KATCHU /ICHIRO MIURA/ ALL RIGHTS RESERVED.
Since March 28, 2000
Last modified: 2007-01-02
戻る