甲冑
Menu
INFORMATION
営業内容・販売品目
甲冑の基礎知識
各部分名称
用語集
コラム
お問い合わせ
リンク
counter
RapidSSL

甲冑の変遷

■甲冑の歴史とその変遷

上古(甲冑) 中世(甲冑) 近世(甲冑)
1.古代〜飛鳥時代
2.奈良時代〜 平安時代前期
3.平安時代中期〜鎌倉時代
4.南北朝時代〜室町時代
5.中世の袖と小具足
6.安土桃山時代〜江戸前期
7.江戸中期〜幕末
短甲・挂甲・綿甲冑 大鎧・胴丸・胴丸鎧
腹当・腹巻
当世具足

●中世(甲冑)

4.南北朝時代〜室町時代

鎌倉幕府が滅亡し、かわって建武の中興政治が成立します。しかし武家方の反乱にあいたちまち崩壊します。武家方は北朝を唱えて京都の室町に幕府が開かれます。宮方は吉野へ逃れ、南北朝の争乱へと突入します。

(1)金胴(かなどう 仮称)

大薙刀・大太刀のように威力がある攻撃兵器が流行し、討物もいっそう過激になったことが想像されます。『太平記』には金胴という語が散見せれ、この時期に鉄札(鉄で作られた小札)を多く用いた胴が作られようになったことが想像されます。

(2)大鎧の胴丸化

南北両朝の合一以降になると、大鎧は権威を重んじる一部の上級武士の所持品となります。このため大鎧は形式化し、胴丸の用途(徒歩に用いる)を兼ねたものが発生します。その作られる数も胴丸に比べて少なくなりました。代表的遺物として京都府鞍馬大惣仲間蔵(重文)「白糸妻取大鎧−兜欠−」・広島県厳島神社蔵(重文)「黒韋威肩紅大鎧」があります。2003/12/14更新

(3)腹巻の流行

室町幕府下での内戦は絶えず、応仁の乱以後になると群雄割拠の時代を迎えます。元来は軽装備に用いた腹巻に兜・袖・背板を付加し、重装備として用いることが流行します。

(4)攻撃兵器の変化

攻撃兵器は太刀・薙刀に替わって槍の多用化が進みます。鉄砲の伝来以降、その生産は直ちに国内でも盛んに行なわれるようになりました。

(5)板物の流行

槍・鉄砲のように衝撃が一点に集中する攻撃に対して小札板は折れ易く不利です。そこで関東以北では鉄・革の延板を用いる甲冑が多く作られるようになりました。これを小札物に対して板物と呼びます。2003/12/14更新

(6)最上胴丸・最上腹巻(もがみどうまる・もがみはらまき)

中世末に流行し、板物で着脱に際して蝶番で開閉する胴丸・腹巻を、その発生地から最上胴丸・最上腹巻と呼びます。また鉄で作られたものを金胴丸(かなどうまる)・金腹巻(かなはらまき)と呼び、革で作られものを革胴丸(かわどうまる)・革腹巻(かわはらまき)と呼びます。代表的遺物として静岡県浅間大社蔵(県文)「紅糸威最上胴丸」・広島県金蓮寺蔵「金白檀塗色々威最上腹巻」があります。2003/12/14更新

COPYRIGHT ©2000-2008 KATCHU /ICHIRO MIURA/ ALL RIGHTS RESERVED.
Since March 28, 2000
Last modified: 2007-01-02
戻る