甲冑
Menu
INFORMATION
営業内容・販売品目
甲冑の基礎知識
各部分名称
用語集
コラム
お問い合わせ
リンク
counter
RapidSSL

甲冑の基礎知識

■甲冑の形式と構造

上古(甲冑) 中世(甲冑) 近世(甲冑)
1.古代〜飛鳥時代
2.奈良時代〜 平安時代前期
3.平安時代中期〜鎌倉時代
4.南北朝時代〜室町時代
5.中世の袖と小具足
6.安土桃山時代〜江戸前期
7.江戸中期〜幕末
短甲・挂甲・綿甲冑 大鎧・胴丸・胴丸鎧
腹当・腹巻
当世具足

●上古(甲冑)

2.奈良時代〜平安時代前期

この時期の甲冑は律令制の管理下のもとで作られていました。これらは諸国から年貢として納められ、官庫に貯えられていました。そして非常時に備えて定期的に修理が行なわれていたといわれています。

(1)綿甲冑(めんかっちゅう)

綿甲冑という語が『日本書紀』によって伝えられています。その構造についての詳細は不明です。大陸系の布帛(綿?)製の甲冑と考えられています

COPYRIGHT ©2000-2008 KATCHU /ICHIRO MIURA/ ALL RIGHTS RESERVED.
Since March 28, 2000
Last modified: 2007-01-02
戻る