甲冑
Menu
INFORMATION
営業内容・販売品目
甲冑の基礎知識
各部分名称
用語集
コラム
お問い合わせ
リンク
counter
RapidSSL

甲冑の基礎知識

■甲冑の形式と構造

上古(甲冑) 中世(甲冑) 近世(甲冑)
1.古代〜飛鳥時代
2.奈良時代〜 平安時代前期
3.平安時代中期〜鎌倉時代
4.南北朝時代〜室町時代
5.中世の袖と小具足
6.安土桃山時代〜江戸前期
7.江戸中期〜幕末
短甲・挂甲・綿甲冑 大鎧・胴丸・胴丸鎧
腹当・腹巻
当世具足

●上古(甲冑)

1.古代〜飛鳥時代

(1)短甲(たんこう*)

上古以前に鉄板や革板を鋲留めもしくは革で綴じて作られた甲を短甲(仮称)と呼びます。日本独自の形式といわれ、その多くは右脇にある蝶番で開閉し、着物のように前で合わせて装着します。代表的遺物として東京国立博物館・大阪府豊中市教育委員会の蔵品があります。2003/12/14更新

1)古代の短甲

弥生時代のものと思われる短甲型木製品(浜松市伊場遺跡より出土)が浜松市博物館にあります。ふつう古墳から出土する短甲は鉄製のものが知られています。ここでみられるように木製の短甲の存在も想像されます。

2)板甲(いたよろい)

鉄板や革板で作られた短甲は板甲と呼ばれる甲冑の形式です。板甲は立胴であり、徒歩戦に用いられたと想像されます。2003/12/14更新

(2)挂甲(けいこう*)

古代国家が統合され、天皇を中心とした中央集権国家が成立します。三・四世紀になると大陸への進出が盛んに行なわれ、その影響を多分に受けた挂甲(仮称)と呼ばれる甲冑が発生します。代表的遺物として奈良国立文化財研究所・福岡県桂川町の蔵品があります。2003/12/14更新

1)札甲(さねよろい)

鉄・革で作られた小片を札(さね 小札の古称)と呼びます。札を緒や革で綴って形成された挂甲は札甲と呼ばれる甲冑の形式です。札甲は北方の遊牧民族が用い、乗馬に適した甲冑といわれています。2003/12/14更新

2)札甲の用途

札甲はもともと北方の遊牧民族が用い、馬上での運動を考慮して作られた甲冑といわれています。つまり乗馬に適した甲冑といえるでしょう。これを多く用いるようになった飛鳥時代以降には、かなりの馬が戦闘で使われるようになったことが想像されます。

*『延喜式』の記述

『延喜式』によると、この時期の甲冑は革で作ることが記されています。その裏付けとして七・八世紀の甲冑の革片が秋田城の跡(秋田県)から出土しています。

また同書には短甲・挂甲がともに札甲であると記されています。考古学の現状では短甲を板甲とし、挂甲を札甲としています。しかしこの分類についても疑問の目が向けられています。

このウェブサイトでは考古学上の分類にのっとり掲載しています。

COPYRIGHT ©2000-2008 KATCHU /ICHIRO MIURA/ ALL RIGHTS RESERVED.
Since March 28, 2000
Last modified: 2007-01-02
戻る