甲冑
Menu
INFORMATION
営業内容・販売品目
甲冑の基礎知識
各部分名称
用語集
コラム
お問い合わせ
リンク
counter
RapidSSL

甲冑の基礎知識

■甲冑の構成要素

1.小札 2.金具廻り 3.金物 4.革所 5.威毛

5.威毛(おどしげ)

威(おどし)とは「緒通し」から生じた語といわれています。威し立てた緒が居並ぶ様子が「鳥の羽毛」に似ているところから「威毛(おどしげ)」と呼びます。

1.威毛の材料

威毛にはいろいろな材料が使われています。これらは主に糸・韋・布帛の三種に大別することができます。
(1)糸(いと)

組紐を用いる威毛を糸威と呼びます。絹・麻・木綿等が用いられ、江戸期には常組(一枚高麗)と呼ぶ紐が用いられました。染色の色目によって白糸威・赤糸威・紅糸威・紺糸威・紫糸威・縹糸威・萌黄糸威・浅葱糸威・黒糸威等があります。

(2)韋(かわ)

(鹿革)を用いる威毛を韋威と呼びます。染色の色目によって洗韋威・黒韋威・赤韋威・薫韋威・小桜威・小桜黄返等があります。

(3)布帛(ふはく)

布帛の威毛には綾・錦・練緯・麻布等が用いられます。用いる材料や染色の色目によって白綾威・紫綾威・浅葱練緯威等があります。

2.威毛の手法

威毛の手法は毛立(けだて)と緘(からみ)の二つに分ける必要があります。毛立とは上下の小札板を繋ぐ部分を指し、緘とは上段から出た威毛を札頭でからみ留める部分を指します。

(1)毛立の手法

毛立の手法は主に毛引威・素懸威の二種に別れ、特殊なものに寄懸と呼ぶものがあります。

1)毛引威(けびきおどし)

小札一枚一枚に対して威毛を満遍なく威す手法を毛引威と呼びます。

2)素懸威(すがけおどし)

二本の威毛で緘の穴を菱に綴じながら各段を連続して威す手法を素懸威と呼びます。

3)寄懸(よせがけ)

威毛を所々三筋以上並べて威す手法を寄懸と呼びます。その手法によって寄毛引・寄素懸とに別れ、共に加賀具足に多くみられます。

a寄毛引(よせけびき)

緘の穴を縄目に威す寄懸を寄毛引と呼びます。

b寄素懸(よせすがけ)

緘の穴を菱に綴じて威す寄懸を寄素懸と呼びます。

(2)緘の手法

緘の手法には縦取緘・縄目緘・三所懸・菱綴の四種に別れます。

1)縦取緘(たてどりがらみ)

緘の穴を縦に威す緘を縦取緘と呼びます。最も古い緘の手法です。

2)縄目緘(なわめがらみ)

緘の穴を縄目に威す緘を縄目緘と呼びます。最も一般的な緘の手法です。

3)三所懸(みところがけ)

三筋の威毛を6個の緘の穴の両側4個を菱に綴じ、中央の2個を縦取に威す緘を三所懸と呼びます。加賀具足に多くみられます。

4)菱綴(ひしとじ)

二筋の威毛を4個の緘の穴を菱に綴じて威す緘を菱綴と呼びます。ふつう素懸威にみられますが、金具付の花緘や韋包の綴韋等にもみられます。

3.耳糸

 小札板の両端に用いる糸を耳糸(みみいと)と呼びます。耳糸には特殊な紐が用いられ、中世には鷹羽打・小石打・亀甲打・啄木打等がみられます。近世になると威毛と同色の共糸をみらるようになります。

(1)鷹羽打(たかのはうち)

青系の繧繝の三色を用いて、「W」を連続して編み出した平打の紐を鷹羽打と呼びます。

(2)小石打(こいしうち)

二色以上の色糸を用いて、小石を散りばめたように編み出した平打の紐を小石打と呼びます。

(3)亀甲打(きっこううち)

二色以上の色糸を用いて、亀甲模様を連続して編み出した平打の紐を亀甲打と呼びます。

(4)啄木打(たくぼくうち)

二色以上の色糸を組み交ぜた常組の紐を啄木打と呼びます。

4.畦目

 裾板・逆板の毛立の穴を横一線上に刺縫した革や糸を畦目(うなめ)と呼びます。畦目は組紐・革緒・朱書に別れます。

(1)組紐(くみひも)

畦目には鷹羽打・小石打・啄木打等の組紐が用いられています。

(2)革緒(かわお)

畦目には赤い革緒が用いることがあります。革菱に合わせたもので、平安期にみられます。

(3)朱書(しゅがき)

畦目状に朱漆で書かれたものを朱書と呼びます。描菱に合わせたもので、南北朝・室町期にみられます。

5.菱縫

 裾板・逆板の下緘の穴を上下に分けて、横一線上に「×」に綴じた革や糸を菱縫(ひしぬい)と呼びます。菱縫は糸菱・革菱・描菱に別れます。

(1)糸菱(いとびし)

組紐を用いる菱縫を糸菱と呼びます。ふつう赤糸や紅糸を用いますが、浅葱糸・紫糸がみられることもあります。近世には威毛と同色の共糸がみられるようになります。

(2)革菱(かわびし)

韋緒を用いる菱縫を革菱と呼びます。平安・鎌倉期と室町末期にみられます。江戸期にはこれらを模したものにみられます。

(3)描菱(かきびし)

菱縫状に朱漆で「×」に書いたものを描菱と呼びます。南北朝・室町期にみられます。江戸期にはこれらを模したものにみられます。

6.威毛の色目I

 威毛の色目は赤・紺・白・紫・萌黄・浅葱等の単色の各材料を用いるのが一般的ですが、一部に変化を持たせた肩威・中威があり、各色の繧繝(うんげん グラデーション)を描いた匂・裾濃があります。

(1)肩威・中威
1)肩威(かたおどし)

単色の威毛の上二段あるいは三段を別の単色の色目に替えた威毛を肩威と呼びます。

2)中威(なかおどし)

単色の威毛の中二段あるいは三段を別の単色の色目に替えた威毛を中威と呼びます。

(2)匂・裾濃
1)匂(におい)

各色の繧繝を描いた威毛を匂と呼びます。

2)裾濃(すそご)

裾に向けて繧繝を濃く描いた威毛を裾濃と呼びます。

7.威毛の色目II

 平安・鎌倉期に流行した威毛に澤潟威・逆澤潟威があります。また韋威として小桜威・小桜黄返があります。南北朝・室町期に流行した威毛に妻取・色々威・段威があります。安土桃山・江戸期に流行した威毛に紋柄威・立涌威があります。数色の色糸を組み交ぜた紐を用いる威毛に樫鳥威・啄木威・組交糸威があります。

(1)澤潟威・逆澤潟威
1)澤潟威(おもだかおどし)

水草の澤潟に見立てて中央を三角形状に色目を替えた威毛を澤潟威と呼びます。

2)逆澤潟威(さかおもだかおどし)

水草の澤潟に見立てて中央を逆三角形状に色目を替えた威毛を逆澤潟威と呼びます。

(2)小桜威・小桜黄返
1)小桜威(こざくらおどし)

小さな桜の模様を無数に染めた韋を用いる威毛を小桜威と呼びます。

2)小桜黄返(こざくらきがえし)

小さな桜の模様を無数に染め、顔料の黄を重ねた韋を用いる威毛を小桜黄返と呼びます。

(3)妻取・色々威・段威
1)妻取(つまどり)

単色の威毛の袖や草摺の妻(端)を数色の色糸に替えた威毛を妻取と呼びます。

2)色々威(いろいろおどし)

三色以上の色糸(韋)を不特定に用いる威毛を色々威と呼びます。

3)段威(だんおどし)

二色の色糸(韋)を一段置きあるいは二段置きに交互に用いる威毛を段威と呼びます。

(4)紋柄威・立涌威
1)紋柄威(もんがらおどし)

卍・日の丸・葵・桐・巴等の図柄(紋)や文字を織り込む威毛を紋柄威と呼びます。

2)立涌威(たてわくおどし)

縦の曲線を交互に膨らませた図案を織り込む威毛を立涌威と呼びます。

(5)樫鳥威・啄木威・組交糸威
1)樫鳥威(かしどりおどし)

樫鳥(カケス)の翼の雨覆羽に見立てて、白・浅葱・紺の三色の色糸を交互に組み交ぜた組紐を用いる威毛を樫鳥威と呼びます。

2)啄木威(たくぼくおどし)

啄木打の組紐を用いる威毛を啄木威と呼びます。

3)組交糸威(くみまぜいとおどし)

分類不分明な組紐を用いる威毛を組交糸威と呼びます。

8.威毛の色目III

 中世の文献に品川威・伏縄目・村濃威・耳坐滋という語が散見されます。絵巻物にはこれを裏付ける威毛が描かれています。また卯花威・藤威・紅梅威・山吹威・桜威のように威毛の美称も散見されます。

(1)品川威・伏縄目・村濃威・耳坐滋
1)品川威(しながわおどし)

『源平盛衰記』に品川威という語が散見されます。羊歯(しだ)の葉を染めた韋で威した羊歯韋威(しだかわおどし)がなまったものと考えられています。

2)伏縄目(ふせなわめ)

『保元物語』に伏縄目という語が散見されます。縄目(斜め)状に色染めした韋で威したものと考えられています。

3)村濃威(むらごおどし)・耳坐滋(みみすそご)

『延慶本平家物語』に村濃威という語が散見され、『源平盛衰記』に耳坐滋という語が散見されます。共に中央を白く両端に向けて繧繝を色濃く威したものと考えられています。

(2)卯花威・藤威・紅梅威・山吹威・桜威
1)卯花威(うのはなおどし)

『太平記』に卯花威という語が散見されます。清楚な白い花を咲かせる卯花(空木)に見立てた白糸威の美称と考えられています。

2)藤威(ふじおどし)

『吾妻鏡』に藤威という語が散見されます。藤の花を思わせる薄紫色の威毛と考えられています。

3)紅梅威(こうばいおどし)

『相国寺堂供養記』に紅梅威という語が散見されます。紅梅を思わせる薄紅色の威毛と考えられています。

4)山吹威(やまぶきおどし)

『吾妻鏡』に山吹威という語が散見されます。山吹の花を思わせる黄色の威毛と考えられています。

5)桜威(さくらおどし)

『吾妻鏡』に桜威という語が散見されます。桜の花を思わせる淡い紅色の威毛が想像されますが、小桜威の「小」の脱字とも考えられています。

COPYRIGHT ©2000-2008 KATCHU /ICHIRO MIURA/ ALL RIGHTS RESERVED.
Since March 28, 2000
Last modified: 2007-01-02
戻る