甲冑
Menu
INFORMATION
営業内容・販売品目
甲冑の基礎知識
各部分名称
用語集
コラム
お問い合わせ
リンク
counter
RapidSSL

甲冑の基礎知識

■甲冑の構成要素

1.小札 2.金具廻り 3.金物 4.革所 5.威毛

3.金物(かなもの)

鍍金・鍍銀等を施した飾り金物を総称して金物(かなもの)と呼びます。金物には八幡座・篠垂・地板・鍬形・鍬形台・八双鋲・八双金物・笄金物・据文・覆輪・各種の鐶・各種の鋲等があります。

1.八幡座・篠垂・地板

(1)八幡座(はちまんざ)

兜の天辺の穴の周縁を飾る金物を八幡座と呼びます。八幡座は葵座・円座・菊座・裏菊座・抱花・小刻座・玉縁等の座金を何重にも重ねて構成されています。

1)葵座(あおいざ)

縁の凹凸を葵の葉のように切った座金を葵座と呼びます。南北朝期以前の星兜や江戸期の兜にみられます。

2)円座(まるざ)

円形の座金を円座と呼びます。南北朝期以降にみられ、多くに彫金が施されています。

3)菊座(きくざ)

縁の凹凸を菊の花弁に似せて作られた座金を菊座と呼びます。

4)裏菊座(うらぎくざ)

花弁の中央に窪みがある菊座を裏菊座と呼びます。

5)抱花(だきばな)

玉縁を抱き込むように花弁を垂直に立ち上げた座金を抱花と呼びます。室町中期以降に用いられ、「返花(かえしばな)」とも呼びます。

6)小刻座(こきざみざ)

周縁に細かい刻みを入れた座金を小刻座と呼びます。

7)玉縁(たまぶち)

八幡座を押え留めるために最上部に用いる筒状の金物を玉縁と呼びます。

(2)篠垂(しのだれ)

八幡座から垂れ下がる剣状の金物を篠垂と呼びます。平安期には前一条あるいは三条でしたが、鎌倉期には前三条、後二条・前三条、左右後二条・正面三条、左右後二条、斜右前後二条、斜左前後二条のものがみられます。

(3)地板(じいた)

篠垂の下に敷く鍍金や鍍銀を施した板あるいは彫金を施した板を地板と呼びます。篠垂や地板を飾る位置や数によって片白・二方白・三方白・四方白・六方白・八方白とに別れます。

1)片白(かたじろ)

前のみを篠垂や地板で飾ることを片白と呼びます。

2)二方白(にほうじろ)

前後を篠垂や地板で飾ることを二方白と呼びます。

3)三方白(さんぽうじろ)

前、斜右後、斜左後を篠垂や地板で飾ることを三方白と呼びます。

4)四方白(しほうじろ)

前後左右を篠垂や地板で飾ることを四方白と呼びます。

5)六方白(ろっぽうじろ)

前後、斜右前後、斜左前後を篠垂や地板で飾ることを六方白と呼びます。

6)八方白(はっぽうじろ)

前後左右、斜右前後、斜左前後を篠垂や地板で飾ることを八方白と呼びます。

2.鍬形・鍬形台

(1)鍬形(くわがた)

兜の正面を飾る一双の角状の立物を鍬形と呼びます。鍬形は材や形状によって鉄鍬形・長鍬形・大鍬形・三鍬形・木葉鍬形に別れます。

1)鉄鍬形(てつくわがた)

鍬形台と共に材を鉄とし、装飾として象嵌を施す鍬形を鉄鍬形と呼びます。平安・鎌倉期にみられます。

2)長鍬形(ながくわがた)

細長い鍬形を長鍬形と呼びます。鎌倉後期、江戸期にみられます。

3)大鍬形(おおくわがた)

幅の広い鍬形を大鍬形と呼びます。南北朝期、江戸期にみられ、形状によって末広大鍬形・尾長大鍬形があります。

a末広大鍬形(すえひろおおくわがた)

特に幅の広い大鍬形を末広大鍬形と呼びます。南北朝期以降に社寺への奉納に用いられたといわれています。

b尾長大鍬形(おながおおくわがた)

八双の外側を大きく延ばした大鍬形を尾長大鍬形と呼びます。南北朝期以降に社寺の祭礼に用いられたといわれています。

4)三鍬形(みつくわがた)

密教の不動明王を象徴する剣を中央に立てた鍬形を三鍬形と呼びます。南北朝期以降にみられます。

5)木葉鍬形(このはくわがた)

梶の葉や杏葉のかたちの鍬形を木葉鍬形と呼びます。室町末期にみられます。

(2)鍬形台(くわがただい)

鍬形を支える土台となる金物を鍬形台と呼びます。鉄鍬形は鍬形と鍬形台を一体に作り
ますが、鎌倉後期以降には鍬形台から鍬形が外れるようになります。鍬形台には無地のものもありますが、多くに様々な図案の象嵌や彫金が施されています。

3.八双鋲・八双金物

(1)八双鋲(はっそうびょう)

化粧板に打つ鋲を八双鋲と呼びます。菊鋲が最も多く、各種の紋をあしらう紋鋲も
みられます。

(2)八双金物(はっそうかなもの)

シコロ付鋲・八双鋲の下に敷く細長い金物を八双金物と呼びます。八双金物には無地のものもありますが、多くは様々な図案の彫金が施されています。八双金物は形状によって入八双・出八双に別れます。

1)入八双(いりはっそう)

両端を八双(二股)に切り込んだ八双金物を入八双と呼びます。鎌倉後期以降にみられます。

2)出八双(ではっそう)

入八双とは逆に両端が突き出た八双金物を出八双と呼びます。室町後期以降にみられます。

4.据文・笄金物・覆輪

(1)据文(すえもん)

金具廻、小札、小具足等に打つ金物を据文と呼びます。周縁に菊の花弁をあしらう菊丸や各種の模様・紋をあしらうものがみられます。

(2)笄金物(こうがいかなもの)

水呑鐶の座金となる細長い金物を笄金物と呼びます。鎌倉後期以降にみられ、ふつう大袖は上から四段目に打ちますが、広袖や壷袖は上から三段目に打つものもみられます。江戸期には中袖や額袖等の様々な袖にみられます。

(3)覆輪(ふくりん)

兜の筋や腰巻、金具廻の周縁を保護と装飾を兼ねて覆う金物を覆輪と呼びます。ふつう無地ですが、安土桃山期以降には彫金を施すものもみられます。

5.各種の鐶

(1)後勝鐶(こうしょうかん)

兜鉢の後に打ち、笠標や総角を結び付ける鐶を後勝鐶と呼びます。鐶台には切子頭・布目頭・菊頭等があります。

(2)総角鐶(あげまきかん)

大鎧の逆板・胴丸や当世具足の後立挙・腹巻の背板に打ち、総角を結ぶ鐶を総角鐶と呼びます。鐶台には切子頭・布目頭・菊頭等があり、座金には酢漿草・各種の彫金・紋を施すものがあります。

(3)水呑鐶(みずのみのかん)

袖の上から三段目あるいは四段目の後側に打ち、水呑緒をとる鐶を水呑鐶と呼びます。平安・鎌倉期には袖の裏からとることもありますが、以降は袖の表からとるようになります。

(4)袖付鐶(そでつけのかん)

大袖、広袖、壷袖の冠板の裏に打つ三つの鐶を袖付鐶と呼びます。鎌倉中期以前は三つの鐶をすべて縦に打ちますが、鎌倉後期以降には中央の鐶を横に打つようになります。

6.彫金の手法・消焼の手法

(1)彫金の手法

彫金の手法は線彫・高彫・透彫・肉彫に分かれ、唐草や枝菊等の多彩な図柄が彫り込まれています。

1)線彫(せんぼり)

図案に沿って彫る彫金手法を毛彫と呼びます。毛彫(けぼり)とも呼びます。

2)高彫(たかぼり)

図案の部分を高く残して他を彫る彫金手法を高彫と呼びます。

3)透彫(すかしぼり)

図案の部分を残して他を透かし取る彫金手法を透彫と呼びます。

4)肉彫(にくぼり)

図案の部分を裏から打ち出し、その上から毛彫や透彫を施す重厚感がある彫金手法を肉彫と呼びます。

(2)消焼の手法

金物には鍍金(金メッキ)・鍍銀(銀メッキ)が施されています。鍍金・鍍銀は水銀を用いる消焼(けしやき)の手法で行われます。消焼は施す場所や形状によって粉消・箔消の手法を使い分けます。

1)粉消(ふんけし)

金・銀の粉を用いる消焼の手法を粉消と呼びます。彫金を施した部分には使います。

2)箔消(はくけし)

金・銀の箔を用いる消焼の手法を箔消と呼びます。鍬形や覆輪のような平面の部分に使います。

COPYRIGHT ©2000-2008 KATCHU /ICHIRO MIURA/ ALL RIGHTS RESERVED.
Since March 28, 2000
Last modified: 2007-01-02
戻る