甲冑
Menu
INFORMATION
営業内容・販売品目
甲冑の基礎知識
各部分名称
用語集
コラム
お問い合わせ
リンク
counter
RapidSSL

営業内容・販売品目

■お客様へ

「甲冑」では、すべての作品に“「甲冑」監修作品について”を添付しています。作品がお手元に届きましたら、まず最初に“「甲冑」監修作品について”をお読みいただき、監修作品を安全に・美しく・そして末永くご鑑賞いただきますようお願いいたします。

■お取り扱いについて(商品お取り扱いに当たって必ずお読み下さい)

●開梱

 外箱(ダンボール箱)を開き白い紙で固定された黒塗の唐櫃(からびつ)*1を取り出し、紐を解いて白い紙で覆われた蓋を取ります。

 最初に同梱されている以下のものを取り出し、“「甲冑」監修作品について”をお読みください。

監修者・作者銘印入鑑定書
木製兜立*2
紫染正絹服紗*2
飾木*3
手袋
「甲冑」監修作品について

*1 唐櫃(からびつ)兜や鎧を収納する箱

*2 ご購入の作品が兜の場合にのみ同梱されています。鎧・兜(大鎧)には入っていません。

*3 ご購入の作品が鎧・兜(大鎧)の場合にのみ同梱されています。兜のみには入っていません。

以下は“「甲冑」監修作品について”に記載された内容から抜粋しています。


●作品・同梱品の確認

 お客様がオーダーされた作品が間違っていないか“「甲冑」監修作品について”と照らし合わせご確認ください。また、同梱されいる内容も同梱品リストでご確認ください。

●兜の梱包状態

 半紙で包まれた中に作者銘入りの木札、半紙もしくはビニールで包まれた服紗、兜立があります。これらを除くと兜本体と鍬形が厳重に半紙に包まれた状態であります。鍬形は赤い封筒の中にさらに厳重に半紙に包まれた状態であります。

※鍬形が取り外せないタイプもございます。

●鎧・兜(大鎧)の梱包状態

 鎧・兜については鎧と兜が別々の状態で半紙に厳重に包まれてあります。その横に作者銘入りの木札と兜を立てるための心棒があります。鎧は胴の中にすでに飾木が入っていますのでそのままお飾りいただけます。兜につきましては兜のみと同様に納められています。

●飾る

 お飾りいただく際の唐櫃の紐の処理にはなんのきまりはありません。元来は蓋を固定することがその目的です。

 兜を飾る際は唐櫃の上、もしくは唐櫃から蓋を外しその上にお飾りください。五月人形としてお飾りになられる場合は、服紗を兜立に斜めにかけ、そこに兜を飾ると美しく飾れます。

※本来、兜(本物)を飾る場合は服紗を使用しません。

 鎧も兜と同じく鎧本体を唐櫃(もしくは唐櫃の蓋)に合わせて置き、心棒を上から刺して固定されているかを確認してください。形状を美しく整えてから兜を兜立に乗せてお飾りください。

■お手入れ方法

 兜や鎧に付いたホコリ等の汚れは毛バタキ等で軽く落としてください。

 唐櫃、金属部分、塗装部分についた指紋等の汚れはティッシュペーパーか柔らかい布を薄く中性洗剤を溶いた水に浸して、固く絞ってから軽く拭きます。その後で必ず乾いた柔らかい布で水分を完全に拭き取ってください。

★ご注意

 皮革部分、繊維部分に関しては、毛バタキ等で軽く落とす以外絶対にしないでください。

■お取り扱いに関するご注意

●飾り付けに関するご注意

手に取る際は必ず同梱の手袋をお使い下さい。

指紋、手垢等の汚れにより金属部分、塗装部分、皮革部分、繊維部分等が変色・変質する恐れがあります。

金属部分、塗装部分、皮革部分等が変色や色落ちする恐れがありますので直射日光や発熱電灯、蛍光灯の近くに飾らないで下さい。

鍬形を鍬形台に差す場合は鍬形や鍬形台、吹返等を傷付けないよう細心の注意をお払い下さい。

唐櫃の上に飾る際は蓋が傷付く恐れがありますので必ず兜立をご使用ください。また、その際に引きずりますと傷の原因となります。

兜立に兜を飾る際は不安定にならないよう必ず細心の注意をお払い下さい。

●収納に関するご注意

唐櫃に収納する際は振動で破損する恐れがありますので必ず同梱されている半紙に包んで収納して下さい。

鍬形を収納する際は傷付く恐れがありますので必ず同梱されている半紙で包み封筒入れ収納して下さい。

兜立、木札、服紗等を収納する際は兜や鍬形を傷付けないよう細心の注意をお払い下さい。

唐櫃の中に樟脳や防虫剤等を入れないで下さい。金属部分や皮革部分が錆たり変色する恐れがあります。

兜等を収納した唐櫃は外箱に入れ、振動しないよう必ず半紙を詰めて収納して下さい。

●保管場所に関するご注意

湿度により金属部分が錆たり塗装部分が変色したりすることがありますので湿度の少ない場所で保管して下さい。

地震等で落下し破損することがありますので安定した場所で保管して下さい。

COPYRIGHT ©2000-2008 KATCHU /ICHIRO MIURA/ ALL RIGHTS RESERVED.
Since March 28, 2000
Last modified: 2007-01-02
戻る